何年も前に成功したダイエット法は通用しないこともある

「よーしダイエットを始めるぞ!」と思ったときどんなやり方をして痩せるのか?っていうことは各個人大体すでに頭の中に決まっているものだと思います。

以前にちょっとでも体重減を経験した方法ですと、次もそれが自分に合う方法だと思い実践するでしょう。

これは特に悪いことではありません。少しでも結果の出たことがあるダイエット方法ならやり方もすでに自分なりに確立できているでしょうし、何より継続が必要なダイエットでは経験値が物をいうということもあるからです。

しかし、気をつけなければいけないこともあります。それは、いくら経験があるからといって何年も前に実行したダイエット方法と同じことをする時に考えなければいけません。

「この方法は、今の自分の体に合うのだろうか」ということです。例えば、若い10代の頃に断食とも言える食べないダイエットに成功した。それをまた30代になった今考えている場合などです。

文字だけを見ていても危険なのはわかりますよね。若い頃に比べ代謝も落ちている筋肉量も食べる量も変わっている、好みも変わっている、そんな中でダイエット方法は全く同じ。

まずは自己を分析して体に合う、無理が掛からない継続できる健康的な方法を探すべきですよね。

一昔のうれしい記憶は今となっては通用しないやり方かもしれない。歳をとればとるほど失敗したときのリスクは取り戻すのは困難になります。バランスの良いダイエット方法を選びましょう。

おおよそ、年齢を重ねてくると、短期ダイエットというものは辛くなってきて結果も出にくくなってきます。

長期目線で考えることが成功への近道であり、健康を損なわないためにも一番重要視するべきところです。

とはいえ、ダイエットをするぞ!って意気込むときって、大体なにかイベント前であったり、期限があったりするんですよね・・困ったものです・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です